ブログトップ

moment

ericom.exblog.jp

撮った写真の保管場所♪

<   2014年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

いつも通りカタクリの花が咲き始めました。
うちの方では何ヶ所がカタクリの自生地があるようですが、私はいつもここばっかです(^^ゞ

b0237408_17341529.jpg



b0237408_17344882.jpg



b0237408_17564369.jpg



b0237408_1735139.jpg



b0237408_17354579.jpg



b0237408_17364475.jpg



カタクリは晴れてる日の10時以降じゃないと花が開かないそうですが、
去年はそれを知らずに出掛けてしまい、つぼみの軍団を撮影しました。
今年はきっちり10時まで自宅待機しましたよ(*^m^*)

カメラマンも何人かいましたが、その中の一人の男性がまるでカタクリ説明要員みたいな人でした…
他の自生地との比較から始まり、アリによって種が散布されている事や開花までの期間、
茎はかつて片栗粉の製造に使われていた事、そこから話しが飛んでわらび餅の原料の話しまで…_| ̄|○
撮影に集中したいという人もいると思うんですけどね(^^ゞ
[PR]
by eriricom | 2014-03-31 17:59
静岡に行ってイチゴ狩りをしてきました。
今日のために最近はスーパーでイチゴが安くなってても買わずに我慢しました。
目一杯イチゴをたべるためです(^^ゞ

b0237408_2210027.jpg



b0237408_22102042.jpg



b0237408_22103824.jpg


伊豆の方は桜の開花もかなり進んでました。
が、天気が暴風雨…_| ̄|○
三島大社にも行きましたが、この通りの大雨です。
ロクな写真が撮れませんでした。写真がメインじゃなかったのでいいんですが(^^ゞ


b0237408_22114027.jpg




駿河湾クルーズもしてきました。
船内でおっちゃんがかっぱえびせんを100円で売ってました。
何かと思ったら、エサを求めて付いてくるカモメに与えるためです。
かっぱえびせんを持って腕を伸ばすと、カモメが食いついてきます。かなり面白いです。


b0237408_22144426.jpg


それにしてもすごい強風でした。
こちらではまだ開花したばかりの桜ですが、この風ではあっさり散ってしまいそうです(>_<)
[PR]
by eriricom | 2014-03-30 22:22

最近やっと暖かくなってきましたね。
どうにか原チャリに乗れる気温になりました(^^ゞ

近所の公園に河津桜の木が1本植えられてます。
まだ小さいし、先月の大雪でダメになってしまったかとも思いましたが
どうやら無事だったようで、花も咲いてました。

b0237408_17123983.jpg



b0237408_17131595.jpg



b0237408_17134052.jpg


河津桜でいいんですよねえコレ。
多分そうです(^^ゞ


b0237408_17152840.jpg



b0237408_1715485.jpg


こっちはもう何の花だか分かりません。
はっきり言って花の名前はよく知らないのです…_| ̄|○


b0237408_17211386.jpg


ダラ子はエリザベスカラーも取ることが出来て元気にしています。
今後はダラ子の食事について色々と考えようと思います。
人間と同じ食事が猫にいいワケありません。かといって安いキャットフードも問題ありのようです。
必要な栄養分が取れて香料や添加物が少なく、泌尿器系の病気を防ぐために
マグネシウム含有量が少ないもの。なるべく水分が摂取できるように、フードもウエットとドライを併用。
去勢後はホルモンバランスが崩れて太りやすくなるので、カロリー計算もしなくてはなりません。
自分の食事についてこんな深く考えたことは無かったのですが、猫のためなら何でも出来そうで不思議です。
そのうち私よりずっと高い食べ物を食べるようになってそうです…。
[PR]
by eriricom | 2014-03-25 17:44
昨日の夜、去勢手術を終えたダラ子が無事に戻ってきました。
エリザベスカラーを付けてのご帰還です(^^ゞ

b0237408_123923100.jpg



病院から「無事手術が終わりました」と連絡があり、18時頃にお迎えに行ったワケですが
診察室に入るとダラ子は病院のケージに入れられ、恐怖のあまり全く動かない剥製みたいな状態でした。
声を掛けても無反応です。

獣医さんによると麻酔からの目覚めも比較的早く、出血も少なかったとの事。
そして予想もしませんでしたが、「取り出した睾丸見ますか?」と聞かれ…Σ( ̄ロ ̄lll)
見たくない…怖い…でも見るべきなんだろうか…と、一瞬私まで固まってしまいましたが
「こんな機会はもうありませんから」と、半ば強引に見せられました。
薄いピンク色で想像以上に大きくて、まだ新鮮な感じでした…。
コンデジは持ってましたが院内では結局1枚も撮れなかったので、睾丸画像もありません(^^ゞ

傷口は縫合せず、自然にくっ付くのを待つそうです。
ただ舐めたりすると化膿したり傷が開く可能性があるので、それを防ぐためにカラーを使います。
術後の抗生剤は、2週間効果が持続する薬をあらかじめ注射してあるので、内服薬は無しです。
これは助かりました。あまり食欲が無いようなので、薬を飲ませるのは難しかったかも。


b0237408_12131636.jpg


しかしこのエリザベスカラーは果てしなく邪魔そうです…。
無事帰宅してからも、ダラ子はこのカラーのせいで思うように動けません。
視界も狭いだろうし、今まで通ってた場所もカラーが邪魔して引っかかって通れません。
どうにかカラーから逃れようと、ずっと後ずさりしてます。
毛繕いも出来ないし、傷口が気になるのか舐めようとしても届かなくてイライラしてるようです。
そのためのカラーですが…。
「絶対に外さないように」と言われてるので、しばらくは我慢です(ノ_・。)

今日は朝からご飯を少しだけ食べて猫ミルクを飲んでトイレに行って、
そのまま押し入れの中に入り込んで出てきません。元気無いです。
多分一週間もすれば元の生活に戻ってるでしょうけど(^^ゞ
[PR]
by eriricom | 2014-03-16 12:45
b0237408_1336653.jpg


予定通り、今日手術となりましたダラ子です。
この写真は昨日のものですが、知人にもらった猫用キャリーバッグを久々に出してきたら
中に入って喜んでました。

朝10時過ぎに病院に連れて行くため、バッグに押しこんで外に出たらこれがおとなしい。
車に乗せても鳴くワケでもなく騒ぐワケでもなく…多分恐怖で声も出なかったんだと思います。
病院に着いてよく見たら、バッグの中でうずくまったまま小刻みに震えてました(ノ_・。)

名前を呼ばれて診察室に入ってからも全く動かない。先生に触られても嫌がる事も無く
楽といえば楽だけど、いかにダラ子が怯えてるかが分かってこっちも辛いです。

麻酔から手術の流れを一通り説明してもらい、すぐに術前の血液検査をしてもらいました。
結果もすぐ出るというので、そのまま待つ事10分。(猫の採血ってどこから採るんだろう…。)
検査の結果、赤血球の値が正常値から外れてるものの、猫は元々水分をあまり摂らず
脱水気味の生き物なので、点滴をするほどの数値ではないと言われました。
その他の検査結果には特に異常も無いので、このままお昼から手術をするという事でした。

どんな飼い主でもそうでしょうが、心配です…
「傷口はどのように処理するんですか?」
「麻酔が効いてる時間はどれくらいですか?」
「何人体制で手術するんですか?」
「オペ中は呼吸数や心拍数のモニタリングはしてもらえるんですか?」
「何かあったらすぐに連絡もらえるんですか?」
最後には「死んだりしませんよね?!」と涙目で訴えました…_| ̄|○

そして全身麻酔は猫でも人間でもリスクがあるという事と、
何かトラブルが起きるとしても3000匹に1匹という確率だという事を説明してもらい、
「くれぐれもよろしくお願いします」と言って帰宅しました。

帰ってきてから洗濯や掃除をしても落ち着きません。
いつもいるはずのダラ子がいないと、こっちも調子が出ません。
意味も無く部屋をウロウロし、「早くダラ子が帰ってこないかなあ…」と独り言を言ってました(ノ_・。)

が、先ほど病院から電話があり「無事に手術が終わり、意識も戻って呼びかけに反応もあります。
出血も少なかったので、予定通り18時から19時にお迎えに来て下さい」との事でした(≧∇≦)
何度も「ありがとうございます!ありがとうございます!」とお礼を言って、これでひと安心です。

まだ麻酔が残ってるので今日いっぱいは水も食事もダメだという事です。
うっかりダラ子が水など飲まないよう、私も早めに入浴と夕食を済ませて風呂場やキッチンは完全に封鎖し
18時には迎えに行ってやろうと思います。
[PR]
by eriricom | 2014-03-15 14:51
b0237408_20231772.jpg



ダラ子もかなり大きくなりました。
体重も保護した時は体重も400gくらいだったと思うのですが、すでに3.5kgになってしまいました…
はっきり言って長時間抱っこしてると辛いです_| ̄|○

そんなんで次の週末は去勢手術をする事になりました。
獣医さんからは「1月か2月に」と言われてたのですが、なかなか決心がつかず…。
しかし最近は夜中に妙な鳴き声を出したりするようになったので、そろそろかなと。

手術自体は15分程度で済む簡単なものだそうです。
しかし全身麻酔だし、前日の夜9時以降は絶食絶水。
朝の10時頃に病院に入り、お迎えは夕方の6時。その日も食事は与えずに…と言われました。

去勢手術費の他に術前の血液検査、その他に術後の痛みを軽減するための鎮痛剤の費用がかかります。
血液検査や鎮痛剤は必ず必要というワケではないそうですが、やはり心配なので
肝臓や腎臓の機能、血液凝固検査などもしてもらった方が安心できそうです。
それに術後も痛みが強いと可哀相だし…。

というか費用はいくら掛かってもいいです。とにかく無事に家に帰ってこられれば…。
その病院では7年の間に一度だけ、麻酔が合わずに命を落とした猫がいたそうです。
今でも「これが本当に正しい方法なのか。幸せなのか」と悩んでしまいます。
[PR]
by eriricom | 2014-03-09 20:25